スラヴ叙事詩がみたくて、ミュシャ展行っていました!


 

新国立美術館で3月8日から始まったミュシャ展・・・

ミュシャは好きですが、今回はすごーく待ち焦がれた展覧会でした。

今回チェコ以外で初めて「スラヴ叙事詩」が公開されるというので・・

本当に東京に住んでいて良かった!

 

そんなに絵画とか詳しくはないのですが、

どうしても実物を見てみたたいと思った絵というのが二つあって・・・

 

一つはピカソの有名なゲルニカ(2010年にマドリードでみれました)

そしてもう一つはミュシャの「スラヴ叙事詩」だったのです。

本当にこの絵をみにチェコに行こうかと思ったほど・・・

 

ミュシャらしくないところに、強く惹かれていて・・

 

実際の絵は大きくて圧倒されます。

そして繊細なミュシャらしいところと、

もっと何か訴えかけるような、そんな強さがあります。

 

スラヴという人々の事も知らなくて

少し勉強したいと思いました。

 

今回は音声ガイダンスを聞きながらみてしまったので

次回は一枚一枚ゆっくり絵を感じながら、

みたいと思っています。

会期中にもう一度行くぞ!!

 

2013年のミュシャ展の記事はこちら→

2010年プラハのミュシャ美術館のことはこちら→

 

上の写真は今回のミュシャ展で撮影したものです。

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です